NAUDO消費生活センタークラブ

消費生活センターには今でも多くの方が苦情や相談ごとなどの電話が鳴り響いております

更新情報

2014年12月
« 10月    
1234567
891011121314
15161718192021
22232425262728
293031  

アーカイブ

プロフィール紹介

名前 旭岡 朱実子 (29)
職業 ガールズショップ店員
趣味 雑貨収集
MAIL gvmagsbl@yahoo.co.jp

サイトメニュー

様々なトラブルを解決してくれる


消費生活センターって、名前は良く聞いたことあるけれど、実際にはどんなところなのか、良く知らない、という人は多いと思います。

消費生活センターは、商品に対する苦情を受け付けて処理したり、商品をテストしたり、商品情報を提供したりする施設で、消費者教育に当たる専門相談員も配置されています。

消費者安全法では、自治体に消費者センターの設置を義務づけられているのですが、努力義務ということで、市町村では未設置のことも多いです。

相談窓口が設けられているので、消費にかかわるトラブルがあった場合には、消費者に助言を行ったり、業者側へ交渉をしたりしてくれる消費者にとってはありがたい施設といえます。

また、役所の担当の部局などを紹介してくれたり、お役所的なことはわからなくて泣き寝入りしてしまうことのおおい問題でも、道しるべとなってくれるので、消費生活におけるトラブルの際には、ぜひ利用したいところです。

消費生活センターに寄せられる相談や苦情は、しっかりとした情報となり、国や地方自治体が、悪質な業者に向けて行政処分をしたり、指導を行う時に根拠として必要になるので、消費者センターに寄せられる苦情は、ある意味国の貴重な情報の一つといえます。

消費生活センターは、全国各地に設置されていますが、全国統一番号の消費者ホットラインとして、電話で相談できるものもあるので、気軽に相談することもできます。

誰もがアクセスしやすい相談窓口として開設された消費者ホットラインは、最寄りの消費生活センターを案内してくれるので、消費センターに相談したいけれど、最寄りの消費生活センターがわからない、という人は、まず、消費者ホットラインを利用してみることをお勧めします。

消費生活センターは、消費者保護を目的としていますので、衣食住どんな商品に関する苦情や相談にも乗ってくれて、問題解決を手伝ってくれます。

自主解決が難しい場合は、業者とのあっせんもしてくれるので安心です。

原則的に、本人が相談することになっています。

また、消費者センターと聞くと、商品の苦情などの相談事が多いイメージですが、特定の商品についての相談だけでなく、引っ越し業者はどこがいいのか、とか、布団のお手入れ方法はどうしたらいいのか、などの暮らしの中で分からなくて困ったり、教えてほしい疑問などについてもアドバイスをくれるので、それを知っていると、利用の幅も広がりそうですよね。

消費生活センターがどんなところかわかったら、なんだか暮らしの上で強い味方ができた気がしませんか?

 

リピーターからの支持も多い

何時でも何処でもあなたの味方である現金化のマネフレは、初心者から女性にまでご利用頂いております。

Copyright(C)2014 NAUDO消費生活センタークラブ All Rights Reserved.